よんショク

ヨンショク

北海道札幌市白石区東札幌五条三丁目2−35

口コミ評価 評価中

口コミ(9お気に入り(10

  • 2020-08-03 22:42:52.708683
【条件付きの愛】愛に飢えた狼だった時…

こんばんは!!
いつも当店をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
よんショクの愛和有紀です。

--------

本日も、YouTubeLiveをご視聴いただきまして、誠にありがとうございました!!
いつもいつも私が一番楽しんでる配信で、私が一番驚いてる配信です。

--------★本日の配信はコチラ★--------
3時間目→https://youtu.be/iSPyDYvk2WQ
-----------------------------------------------

本日の配信では、【恋愛】のネタを後半に話していました。
(無意識に話してるので、自分でもいつ何の話をするか全然分からないんです)

昔は、『愛に飢えた狼』でした。
常に自分の愛情が足りてない、欠けたハートの状態で生きていました。
だから常に、だれかから『愛される事』を必要としていました。
愛情を受け取るために、身を犠牲にしていました。

その状態で引き寄せる男は…
モラハラ・DV・性的虐待・既婚者・鬱病患者・洗脳・マザコン………
手放しで愛してくれる人を引き寄せたことは、ゼロ。
『条件付きの愛』に対して、私は私の全ての愛情を相手に与える…そんな状態でした。
常に愛情を搾取され、疲弊してる所を優しくされて…まさに共依存でした。

今、このようなタイプの人を引き寄せている人は…
自分の愛し方って、なんだろう。
そもそも、愛されるってどういう事だろう。
そう思っているのではないでしょうか。
だから『他』に愛情を求める。
親から、きちんとした愛情を受けてこなかった人に多いのではと思います。

自分の愛し方、私も沢山悩んで、苦労しました。
そのために、色々勉強させられた…のだと思います。
身体の不調のセルフケア、心の不調のセルフケア。
さとう式もそうですし、カラーセラピーや数秘術もそうです。
私には必要不可欠な出会いだったと感じています。
そして今、また人間関係で氣がついてなかった苦痛に氣がついて、必要な人だけをのこし、他は手放す。
手放してゆく力も大切でした。

ひとつひとつ、小さな事から自分を認める。
朝起きれた自分を褒める。
今日ゆっきり休めた自分を褒める。
きちんとごはんを食べれた自分を褒める。
そんな些細なことから、自分を褒めることが、後の『自分を愛する』へ繋がって行くと感じています。

私は、30歳になってやっと、幸せだと言葉にできるようになりました。
20年弱、自分を愛せず、他人も愛せず、何もかもが辛く苦しい毎日だった。
毎日「死にたい」と思っていた。
いつ死ねるのか、誰が殺してくれるのか…
そう思い続けた日々が、ガラッと変わって、ようやく色を取り戻しました。

諦めない。
生きる。
それがどんなに大変な事であるか。
当たり前の命ではない事。
そのひとつの命を、本当に大切にできるのは…自分自身だということ。

私が仕事を通して、ひとりでも多くの命が、色を取り戻してくれたら嬉しい。
仕事とは奉仕、そのために私が経験して来た事が活かせれば幸いだと心から思っています。

--------

いつもここまで読んでいただき、誠にありがとうございます。
ひとりひとりとのご縁に、感謝^^

よんショク 愛和有紀(Aiwa Yuuki)